英字起こし、自動翻訳

good evening
today is april 26th 2021
and this is the 49th episode of new
paradigms
i’m your host sargesan gary i have two
special guests today
one is miss amol fukada a japanese
journalist
an author and an i.t analyst and also mr
jason hull
who was the lead designer of the f-35
flight control and imagery displaced
systems
moy received her bachelor of arts in the
global political economy
from wasada university in japan upon
graduating
she worked for diamond financial
research as an
analyst before joining berkeley capital
investment bank in japan she was a
consultant to
revolt toronto llc and worked her way up
to become the ceo of the company
revoltron llc is a leading artificial
intelligence solutions company
which is looking at developmental
revolutionary real-time ai
applications the company was founded by
a team of veteran
makers of the computer chip designs to
exploit the
breakthrough designs and performances
characteristics of the latest
innovations
in the real-time ai world maui
was a finalist also for the women’s
entrepreneurial
establishment under the japanese
government of 2021
and then she also was the one that
looked at very different fundamentals in
her writing
on the i.t world japanese i.t industry
is stolen by china the truth of the 5g
revolution the truth of the
us war against the china when it comes
to i.t and also the social media and
economic wars
which are a number of those books that
she has been able to put together
really looking at the specifics of what
is happening when it comes to
china and the u.s relationship in the
iit world mr jason hall was a
20-year veteran experience in integrated
circuits designed and also
has been awarded multiple worldwide
patents for innovation
and in the field of chip design computer
architecture and also network security
before joining a rebel toronto llc mr oh
was also the ceo of
mii logic incorporated
where he raised 10 million dollars in
the funding
and led the company to successfully
include
several multi-million dollar gate ics
and also
worked with several global companies
such as
ibm motorola ti
and rockwell columns mai logic
formerly known as mentor arc
incorporated is an advanced ic design
company
before mai logic he had several design
engineering uh positions with
lsi logic uh altron
computer chip and technologies and
uh also unitec jason received his
masters of science degree in electronic
engineering from
pennsylvania state university and a
bachelor of science
and electronic engineering from the uh
national kyoto university in taiwan
in 1984. jason and
ammar is my pleasure to have you guys
here on the show today
welcome thanks to having us here
thank you pleasure to be here
uh it is my pleasure to have you all
here uh jason tell us a little bit about
yourself
uh how do you become a uh designer
on the design team for the uh f-35
uh what led you to that position that’s
happened a quarter century ago
and at the moment f-35 was quite
advanced technology and they want to
have
very very unique design which has never
done before
for example one f-35 can lead to many
drones and fighting together also they
want to have a scissor technology
they called as a smart helmet to have
applied pilot
controlled aircraft through the helmet
so
those unique designs they need a new and
fresh blood new ideas
and that’s happened i presented that
and the paper when i was graduated and
at the moment the ibn thought that paper
was quite interesting
so i’ve been vetted as about four years
and exam and the tests and finally
my proposal got accepted by the lockheed
martin
and then how i joined f35 design
um we talked on your bio too
uh you know i covered somewhat some of
the books you had written i didn’t go
into the details on the on the titles
specifically but just wanted to
highlight
for our viewers tell us how did you
become the ceo of the company and how
did you
and jason get together
um back to 2010
um former inter ceo
at it’s a japan japanese intel
he introduced me to him and
he invited me to join robert trump
so i was not a computer expert
but um his
his invention cam could could
help help japanese nuclear reactor
program
so i decided to join this company
um i know that today we’re looking at
specifically what’s happening
with china especially the spine that’s
taking place with a lot of tech uh
our technology being stolen i know we’re
gonna cover some of the stuff that you
had to deal with jason and
exposing when it came to what they did
with your patents that you had
actually put together and also with the
f-35
and before we go in there i know that ma
also that
president biden did meet with the
prime minister of japan i know that
there’s been a push
somewhat for japan to be able to help
china when it comes to
some of the technologies that japan has
is world
famous for and i know that there’s some
you know hesitancy from various
different uh
global competitors as to why maybe those
steps should not be taken
uh but with that said i think we can
start with you jason first
um tell us a little bit about uh what
are some of the concerns that you may
have given the fact that you work on the
f-35 and
i think we have some slides here to go
through anyway
that kind of lets our viewers understand
that china is definitely trying to
expand its
footprint when it comes to stealing
intellectual property as most know
and what are some of the ramifications
especially when it comes to
key requirements for the u.s strategic
defense systems that we use like the
f-35
this is a known fact china has learned
everything about
f-35 our government has acknowledged
and china has scanned all the details of
their
earthly fat design but the very few
people
understand and china obtained f-35
is not just the technology itself
but actually china altered
or changed their air force
from the russia system into the american
system
this is a very audacious move it’s not
an easy task
and especially f-35 extremely different
than the traditional and the jet
fighters
and the first that i mentioned is
controlled by the smart helmet
everything is controlled by the pilot
that has a very advanced 3d technology
holographic technology and sisu
technology
that’s never happened before and for
china to take in
this new type of design it’s not an easy
task
it’s not just aircraft itself but
all the army system has to be
changed all the supply chain everything
has to be changed
according to it and f35
is the first and the fight system
gentrified assistant
integrated and optical designs into it
so it is a system and including
the electronic portions and optical
portion together
and this is open knowledge china
successfully
obtained all the certified technology
there’s a numerous report
about it but most people think that’s
went through the and the espionage
espionage or goes through electronic
hacking but it’s more than that
china claims and their counterfeit f-35
not only comparable to usf 35
but even better and it means it’s not
the technology itself
also the system behind it and how the
people flight it
how people control it and how to
maneuver in the space
how to make a better plan that’s beyond
just
a source code the justice design file
itself china has demonstrated
and those panels and those smart helmets
even radar system
they are all identical to f35 it’s not a
simple event
but those story has been suppressed by
the most
people and the and from taiwan and from
different places
and it’s very hard to spread out so if
you look carefully there are so many
identical
designs and between the china jet and
dj-31
and f-35 and this have been stolen
and for years and so this is a very very
typical
part and very difficult portion to have
people to understand
so and very few people realize huawei is
very important position in those
technologies dealing because the key
technology i mentioned about
huawei is the only company and in china
or even the world can do that
and hawaiian and f-35
sounds like it’s very remote but i’m the
first one report to the us government
back to year 2002 about the power
involvement of
f-35 and huawei smartly went through the
taiwan
and most people think taiwan is rivaled
to the china
so u.s and most companies u.s
politicians
that got off from the end from the
time one but if you look at the this
diagram here
is a map here you realize the huawei
the leader and also some key person
in town one for those submitted
industries they are sharing
the same family root and so we say there
are families only families
so they’re actually the same family and
so they just
this is typical communist propaganda
they are running two flags one is a
communist party
one is taiwanese and looks like against
china
event prevent the china aggression and
they anxiously want to get all the
technology
and from the u.s defend themselves from
china
aggression but actually a lot of this
technology went through the
china so until today now the u.s
government finally realized especially
after the automobile automotive
automobile chip shortage
they realized those taiwanese companies
need the supply chains
not already controlled by the taiwan and
china the secretary of commerce just
mentioned this is becoming a u.s
national
crisis so this is a about what have
happened
into my f-35 case
and back to you no it’s yeah it seems
that uh as you as you’re pointing out
there’s a lot of family relationships
there
uh you know i know we have competing
companies out there that sometimes
compete against each other but a lot of
people do not know that they’re actually
have family relations that are tied to
the communist
chinese communist party and that’s where
the issue is
my concern is what is happening when it
comes to
taiwan specifically is it possible that
there’s a back door as you’re saying
that
whatever is being what we believe
move through our allies could be a back
door through taiwan that still ends up
in ccp stands
it’s very important things most u.s
people doesn’t understand
the definition of company in china or in
taiwan
extremely different than here in taiwan
a company is more than
like an organization a very
sophisticated organization
they are another company they have
people working behind
so and as those pictures showed and
the the the even u.s government sent
the letter to the taiwan to ask for help
about
f-35 shortage but unfortunately
those issues will not be resolved easily
and so the key point is and
i hope the the politician here the
government here
and also the most company here just
as the the secretary of commerce she
mentioned
and us companies must have a counter
intelligence ability
and that’s unfortunately the steps and
those companies in in taiwan china they
are doing
as an organization and that’s how the
u.s company has to do
today now look i think it’s
some of the stuff is not you know
rocket science as they say i mean it’s
very simple if you know that
there’s company a that is uh controlled
by the chinese communist party and
company b that is operating either out
of taiwan
other places in the u.s and you have the
leadership
of company b being related
family wise to members of the family of
the communist party that is uh
you know in charge of company a it it
should be
a no-brainer i’m i’m a little bit
surprised that as we have the slide
if you could kind of break down a little
bit this slide maybe this will make a
little bit more
sense to our uh to our viewers
about how the families are actually all
tied into these companies
just this one slide if you could focus
on this a little bit for us jason
maybe this will define some things for
our audiences
sure and you can see and those
organizations coming from
and the the family the people back to
the world war
ii and joan lai is the founder of the
one of the founders of the communist
party
and also the duration is a very
important
and the leader of organization and most
chinese people called in the queen again
and green against reason the communist
party won the war against the kmt
back after world war over two but
actually
there’s a lot of stories a lot of
relationship behind
those two people so let’s show the
sophistication
and about the chinese organizations the
same thing like the companies
as you mentioned the taiwanese company
chinese company
but always for example people export
huawei i will ask
what huawei there’s a thousands tens of
thousands companies
registered under the far west nian so
it’s very difficult people to realize
which huawei it is
and also and always taiwanese chinese
like to do is for example
the a company holding the big company
big company holding the c
company c company holding a company
becoming a circle
so who is three owner it’s very hard to
trace back
who is who and what is what so facing
and the war against communist aggression
there’s only one solution we have to
realize those companies
they are organizations they are not
companies
if people still think psmc just a
semiconductor manufacturing company
they are totally wrong they don’t
understand the sophistication
behind it in my case and back to 2000
year 2000 that’s almost 21 years ago
and we have had the same thing happened
i was
the lead designer of f-35 chip we made a
chip
for the lucky martin we anxiously
anxiously want to get the chip from the
ksmc and but
we cannot get it it tsmc this technology
problem
maybe people just understand and uh what
does
tsmc role it is i make an example and
it’s just
like in the book and the business for
example
i’m the writer created some book and
tsmc just the printing shop
and when we ask tsmc actually they’re
printing the chip by printing the book
and tsmc will say oh i’m sorry your book
is so badly written
i cannot print it that’s always the tsmc
why to use the same example
and same skills and for the f-35 because
you want to sabotage the program
to allow the china to catch up the u.s
f-35 development
and that’s the same thing today now tsmc
talk about the automobile
chip shortage that’s about the same
thing so if you look at the timeline
carefully
and we cannot get our chip from tsmc
that cost us about five years delay on
the f-35
program but the tsmc gained our
knowledge
about our f-35 design actually
directly or indirectly it helped the
china
to have their counterfeit f-35 the j-20
and j-31st
almost available at the same time at
f-35
it’s amazing because and the u.s already
have a
system buildup f-35 but china is
different
they need not only need to create a
counterfeit f-35 also
need to reinvent their air force
to match the u.s air force system
so and the china the j-30 h-31 and the
j20
only two years behind the usf certified
schedule
so just imagine we thought a lot of
penetrations
without a lot of back doors how possible
china can make those
happening so fast
it’s very easy when you can steal the
information and basically bypass it
you know you go from having no
capabilities or idea about having a
kind of aircraft that we have at f35 and
suddenly
you have the manual already ready to go
without your infrastructure even being
set up for it
and knowing how that china really looks
at it from an information operational
process before it even commits its
companies or even its uh structures
within this government to be able to
see what they need to do to be able to
get to that final goal which in this
case is going to be
you know being more powerful on a global
station the united states is uh
on multiple continents you you cannot
just manufacture these things uh
out of magic but unfortunately for
whatever reason
it seems like our intelligence
capability is not
seeing these things or not highlighting
it and doesn’t help the fact that in one
of the slides you had
we have individuals that even ran for uh
possibly becoming presidents of the
united states
that are somehow either directly or
indirectly
tied to these companies and how these
companies are able to
influence u.s political decision making
and when it comes to our approaches uh
to securing ourselves especially when it
comes to the
f-35 design um ma i want to get to you a
little bit too on this because uh
i know that uh you know you’ve looked at
it from
basically what china is doing as i said
in the bio with stealing
japanese you know intellectual property
too
it’s not just the us that they steal
from
where is it that they’re able to
influence
japan maybe even at the political level
and what are some things that we need to
be uh at least
uh cognitive of
well i think uh yes it’s certain
and did we lose did we lose her uh did
we lose her audio
a little bit yes yes and that means you
might be pretty quick
jason i’ll i’ll go ahead since you’re
sitting next to her if you could kind of
uh
uh explain to her what i was trying to
ask okay
and first i want to say a story to her
because
i’m the person and make her become a
victim of those
terrible international crimes even i
want her in advance
but they should never realize and once
really happening it’s really really
it’s terrible experience it’s beyond the
world can describe
so she thought and i think everyone
would think
japan it’s a country it’s a us ally
it’s a democratic country and
she’s unprepared she’s unprepared
because
whatever happened in japan we we didn’t
realize
actually it’s worse than anywhere else
and we heard that china pay attention to
australia to the new zealand to
and other europe european nations but
but there’s almost no report
about the japanese issues and
and always i’m wondering and the
japanese government
is a china ally or part of communist
party
this is really and what we have
experienced
through so that’s what have happened on
her
and that’s been suffering so she’s the
only one fighting hard because
japan holding so many critical
technologies
and and the china anxious to have
but china definitely cannot have it
because japanese people
you just look at the poll they don’t
like in chinese
unfortunately it’s not a prejudice but
just
the long history between the china and
japan but and japan
ruled the taiwan before so and japanese
they are very close to taiwan
so it’s no banner and the communist
party knows this is a very good
opportunity
so they use taiwan to penetrate into
japan
so whoever tried to attack taiwan they
would say oh you are china spy you tried
to break up
the and the taiwan and the japanese
allied ties
and to help the communist party to
migration the time well actually it’s
not the case
so she’s been fighting by herself so
terribly
and you can imagine in u.s here
and people talk about the semiconductor
shortage and talking about old issue we
can talk about
openly even there are many and issues
but still we can talk openly but in
japan
everything negative about the taiwan is
totally censored completely censored
and unfortunately moy is the only person
only voice
in japan now talk about wait a minute
and those people in charge of the
semi-conduct industry in taiwan
they are families with the founders of
the communist party
they are so close together and they are
not the original taiwanese
and they actually they didn’t grow up in
taiwan
and even those people even they have
comes party building memory hall for
their achievement
for using taiwan to using the taoman
semi-conductor strings
to penetrate into japan but that’s
reality happening
it’s pretty said and she’s fighting hard
and she’s fighting alone
japanese government but the government
government people doesn’t seriously
listen to my story
even they say i just want i am the
person
just wanna sell my name
to the public so they think
i am just a journalist
who wants to be a famous
and also i’m trying to expose
those espionage case over the internet
then police call to me and detain me
in the police station for five hours
without any waters
i was not allowed to bring
my atony i was so surprised
because yeah i’m surprised that uh you
know it’s unfortunate you know you
figured that your journals would be
listened to but we’re living on time
that regardless across the globe is very
difficult
uh china’s information operation is very
extensive and i do
know that they do have a lot of effects
also in japan i think uh
mao if you can see him i think he has a
couple of slides i’m going to put up
um maybe you could talk about them if
you can hear me now
the puzzle who took our technology
his name is
the person in the middle he’s a chinese
but he took japanese identity
he saw japanese identity
how he took japanese identity
it’s very very very how can i say
strange the person who
japanese yellow japanese
who died in china they meet mr uefa
usuko’s father he claimed
he’s the son of the japanese
and send a letter to the japanese
government
and get the japanese citizen
then usu claim he’s
a weapon
then get he becoming a
japanese system i reported
to the japanese government but
they they just tried to hide and say
he is a little japanese
so i was very surprised he actually hid
the chief staff of the how can i say
a japanese congressman and
he has a good relationship to the
those politicians in the government but
his father is working with bla
and also even i
expose his real identity
over the internet but taiwanese new show
saying i am a liar i
am a so this
is not mr f i am
lying i am lying because
i am a fraud the news tv show said
that news tv show is very close to
chinese when
taiwan is president
so both of government taiwan
japan both of government
trying to hide this ex espionage case
yeah and uh i think on the slide as our
viewers were looking i know you had him
as mr f
part of the reason is because there’s so
much uh ability for
chinese information operations to affect
even how we present
information here the reason mr f
is used here is because if his name is
mentioned anywhere
whether it be on youtube or on facebook
that is completely censored
so that’s why you call him mr f rather
than putting his entire name out there
it’s unfortunate
that uh people don’t want to just have
the information out there and debate it
um but you know journalists here who
have in the past
in the united states exposed uh networks
that have not been beneficial for the
government have also
been under a lot of scrutiny but um
i think that uh from what you’re saying
and
from what you’re showing us is that
all you’re asking is for the japanese
government or the united states in this
case
to look into these link analysis and
verify and validate whether or not the
information is being not put out is
correct or not
it should not be just uh uh news
networks that are
fighting against what you’re putting out
there they should be actually supporting
it
it has to be get onto a process of the
government
i do know that japan is a little bit
under much more
difficult parameters when it comes to
how much the
state apparatus can get involved in
private companies
and i do know sometimes you know they
kind of work in funnels which are a
little bit different than
uh have you operate here in the united
states but that still
should not be the um main stoppage when
it comes to
at least trying to follow through to see
whether or not the information
you and jason are sharing is true or not
and you see most of this is really kind
of open source there’s nothing really
out here
that we’re talking about that may not
have been found out by anybody who just
asked simple
questions who’s the ceo of company a
who’s the ceo of company b
and what are the family ties within
those companies that should be just a
no-brainer
jason why do you think it’s so difficult
why why is it that
there’s so much difficulty for
what would be the united states and i do
know that you have
given your statements to the department
of justice at least here
in the united states on these issues why
do you think it’s so difficult
for government systems to try to at
least pursue
looking at how this technology is being
stolen
and why it’s being stolen i think
come to the fundamental issue is money
because taiwan spend
millions millions dollars in think tank
in donations in washington dc
and those think tanks actually is
helping
china and to hide the truth always give
the different direction
of other problems of issues and for
example we try to warm the tsmc
they always control the audible beer
industry
even the moye wrote about the article
last year warning
the automobile industry might be under
the csmc
and in this limitation no one
taking care of it until the issue
happened
now the secretary of commerce say this
is a u.s national
crisis so look at what maui has
mentioned
the stories have two issues first
when she disclosed the spy network and
while she has it is not
supported by the police by the japanese
government but actually
she has been contained and also there’s
a gag order from her
she cannot talk about those china spine
network in japan
that’s incredible but another thing
is people i hope viewer can think it is
not a
nothing to do about taiwan this is about
the china spy network
in japan but taiwan needs media
coming out to say maui is a china spy
taiwanese media talk about maui is a
taiwanese enemy
taiwanese media talk about and those by
network
is mr und standing infamous she just
want to
make a fan make a name over the internet
and
just think how possible it is happening
for example
and we we we catch a russia spy
suddenly the u.s government coming out
said no no no that is not a russia spy
this is someone it’s very good however
we disclose that russia spy
is definitely uh
someone has trouble someone has fraud
it’s about the same thing
so that’s the most amazing part best
sophistication
make us very difficult to make people
aware
and uh that’s how i think that’s
important i counted
i’m about to talk and have people to
understand whatever happened
is really beyond belief
well jason i look i i think
it is unfortunate but there’s a saying
in washington dc
money talks bs walks and that’s just the
reality of what
how washington has operated uh
corruption at the end of the day is what
really causes a lot of the issues and
problems we have and sometimes i think
what happens is
governmental systems depending on what
the agency is
unfortunately if they come out and say
that
we knew that china was doing or the
chinese communist party was doing these
things
for so many years the first thing people
are going to ask is well why are you
telling us now and why didn’t you do
anything about it in those years
and sometimes unfortunately
bureaucracies try to self-protect
themselves
in that process it happens that they
actually do more damage
not only to the country that they’re
representing but also
themselves in the long run and it loses
a trust
to people whether or not those
governmental systems are capable
of doing what they have to do and at the
end of the day the only thing we can
kind of look at and say well if you’re
not doing your job then either you’re
incompetent or you’re corrupt
and unfortunately it’s kind of sometimes
a combination of the two
that gets us to a point where we are
today the reality is that the uh
as we have seen multiple sources
indicate that the
f-35 and its technology were stolen i do
know that you have some uh
patents that you had worked on jason
that you had actually designed are those
patents in your control right now or
were those patents also
part of what the steel that took place
with the f35
possibly i think come to the
intellectual property that’s really
sophisticated definitely i still own
some pattern
and one more thing is trade secrets
and those trade secrets is not yet the
patented
as long as remain as a trade secrets
usually and
i still holding those intellectual
property right it’s not holding by
myself
but it’s under the company’s property so
and
those trade secrets definitely can give
a position
because the most interesting part and
you know the design the f-35 the flight
control enemy system
that’s almost quarter century ago
actually 25 years ago
and i was young and like everyone
and they’re doing when they’re young and
we make mistakes
so i made some mistakes in those designs
ironically
when i saw the news chinese news
propaganda talk about
how great the j-20 and j-31 is
back to 2014 i realized
they made the same mistake as i did back
to
1996. so it’s very easy to prove at the
court
if i made this mistake i can show i mean
this date
back to 1996 and you made the same
mistake
just like for example you copy someone
else’s writing
and people make it wrong spelling you
made the same runs building
not only once but twice and three times
definitely
every every court will understand easily
this is a stealing so in my case not
only
i’m still holding those trade secrets
but also i can
prove at the court easily and because
china make the same mistakes as i did
back to 25 years ago
so i can prove i should the person
owning
those trade secrets it as a as a result
if i only illustrate secrets
and because most of those trade secrets
now is holding under the huawei
huawei’s collecting billions of us
dollars
worldwide of the patents they applied
based on the trade secrets
i developed so i believe the u.s court
system
should have a chance i can fight back to
say
no those patents should come back
and for the u.s to own for the u.s
company to own
for u.s citizens to own because that’s
stealing from
the us so i want to do one more thing
than the government talked about
government just talked about
we should prevent the u.s dealing the
china stealing the u.s technology but i
want to do one more thing
i want to make a case not only want to
prevent
china stealing the u.s technology also
we can use the u.s legal system
have them to pay to pay back whatever
the benefit the money they
got illegally from the u.s companies
they have to pay back
so i hope i have a chance to show at the
court but unfortunately
and maybe we can talk in the in the in
the future
you cannot imagine even that idea is now
welcome
to many many politicians in washington
dc also not
welcome for for many many people just
want to make easy money doing easy
business
with the china communist party so they
think that’s too risky
and therefore and i believe
that probably awareness is only way to
have those
possibilities those and things are
hoping for move forward
no i agree with you i think you know
most politicians will do not take a step
forward because they’re always worried
you know about the next election
and uh they’re not gonna risk their
careers and possibly having uh
chinese communist party through other
business connections
pour millions of dollars into the
conference of an opponent
to run against them so they’re
risk-averse but i think uh everything
that you laid out here
uh can be probably uh put through
certain
channels both at the state department
and also at the
on capitol hill where it allows them to
at least have the research information
to be able to use it to make much better
policy and possibly change
laws to ensure that guys like you who
have
intellectual property something that you
have put on the table does not just get
stolen
and frankly uh you know the fact that
china is so incompetent that not only do
they steal your technology but they’re
not able to say that there’s
design flaws that yes you said you had
made some mistakes when you were younger
and actually incorporate that into their
sophisticated uh
weapon systems you know maybe uh
you should uh just put some design flaws
and let the
chinese steal it and use it for their
design technologies and their missile
technologies
uh and let them have to deal with it uh
in the long run
uh but with that said uh uh it’s good to
see that we have a journalist mall
you’re doing uh yeoman’s work uh as we
would say in the us
supporting jason as an engineer and his
efforts
uh ma if people want to read more about
your work can they go where can they
find out more information
like what we have shared today
it definitely is yeah
maybe just help her out yes definitely
and uh i
think uh and uh there’s a website
and uh and she’s and this really found
her heart
and she’s saying a country no longer my
own
i hope people should uh read it
and uh and understand it because
and if we don’t pay attention to
eventually their america will be the
same
situation as japan does today
now i’d say here we have a qr code there
for our viewers they know how it works
but if you
point your uh camera at it uh it’s going
to take you directly to a site where you
could read a little bit more
uh on what uh maul has been doing as far
as trying to
at least highlight the truth the one
good thing is that we have these type of
shows like new paradigms and also we
have
you know other podcasts out there that
are going to start highlighting
some of these processes that the chinese
communist party is uh
uh moving forward on specifically when
it comes to stealing
really uh technology that we need to
defend our nation here and japan needs
to defend its nation
uh we’re gonna have you guys back again
uh i hope we can bring you back in the
future
i’m gonna do a little bit more of a deep
dive next time we’ll bring you back if
that’s okay jason and mom specifics
as to how this process is moving forward
what is happening what are some of the
key things that maybe we’re not saying
if anything at least we can highlight it
for our intelligence apparatus that
might be watching out there
and let them go ahead and
fight the fight on behalf of you guys
and also
all the other american companies out
there that have had their trade secrets
stolen by china
if that’s okay we’ll have you back again
definitely it’s our pleasure
and we feel honored to can have a chance
to come to this show
no it would be my pleasure thank you
very much for joining us guys and with
that said
this is new paradigms thank you everyone
you
こんばんは
今日は2021年4月26日です
そしてこれは新しいの49番目のエピソードです
パラダイム
私はあなたのホストですsargesangary私は2つ持っています
今日の特別ゲスト
1つはミスアモル深田日本人です
ジャーナリスト
著者、ITアナリスト、そしてMr
ジェイソンハル
f-35の主任設計者は誰でしたか
飛行制御と画像の置き換え
システム
モイはで彼女の芸術の学士号を受け取りました
世界の政治経済学
日本の和田大学から
卒業
彼女はダイヤモンドファイナンシャルで働いていました
としての研究
バークレーキャピタルに入社する前のアナリスト
日本の投資銀行彼女は
コンサルタント
トロントLLCを反乱し、彼女の方法を上に上げました
会社の最高経営責任者になるために
revoltronllcは主要な人工物です
インテリジェンスソリューション会社
発達を見ている
革新的なリアルタイムAI
会社が設立されたアプリケーション
ベテランのチーム
コンピュータチップ設計のメーカーは
エクスプロイト
画期的なデザインとパフォーマンス
最新の特徴
イノベーション
リアルタイムAIワールドマウイで
女性のファイナリストでもありました
起業家
日本人の下での設立
2021年の政府
それから彼女も
で非常に異なるファンダメンタルズを見た
彼女の執筆
ITの世界で日本のIT業界
中国に盗まれた5gの真実
革命の真実
それが来るとき私達は中国との戦争
i.tとソーシャルメディアと
経済戦争
それらの本の数です
彼女はまとめることができました
本当に何の詳細を見て
それになると起こっています
中国と米中関係
iit world mr jasonhallは
統合された20年のベテラン経験
設計された回路と
世界中で複数の賞を受賞しています
イノベーションのための特許
とチップ設計コンピュータの分野で
アーキテクチャとネットワークセキュリティ
反乱軍のトロントLLCMrOHに参加する前に
の最高経営責任者でもありました
miiロジックが組み込まれています
ここで彼は1000万ドルを調達しました
資金調達
そして会社を成功に導いた
含める
数百万ドルのゲートIC
そしてまた
いくつかのグローバル企業と協力しました
といった
ibm motorola ti
およびロックウェルカラムマイロジック
以前はメンターアークとして知られていました
組み込まれているのは高度なIC設計です
会社
maiロジックの前に彼はいくつかのデザインを持っていました
エンジニアリングええと
lsi logic uh altron
コンピュータチップとテクノロジーと
ええと、ユニテックジェイソンも彼を受け取りました
電子工学の理学修士
からのエンジニアリング
ペンシルバニア州立大学と
理学士
ええとからの電子工学
台湾の国立京都大学
1984年。ジェイソンと
アンマーはあなたたちを持っている私の喜びです
今日のショーでここに
ここにいてくれてありがとう
ここに来てくれてありがとう
ええと、皆さんがいらっしゃることは私の喜びです
ここでジェイソンは私たちに少し教えてください
あなた自身
ええと、どうやってええとデザイナーになりますか
ええとf-35の設計チームで
ええと、その位置にあなたを導いたのは
四半世紀前に起こった
そして現時点ではf-35はかなりでした
高度な技術と彼らはしたい
持ってる
これまでにない非常にユニークなデザイン
前に行われた
たとえば、1つのf-35は多くの人につながる可能性があります
ドローンと一緒に戦う彼らも
はさみ技術が欲しい
彼らは持っているスマートヘルメットとして呼びました
適用されたパイロット
ヘルメットを通して制御された航空機
そう
それらのユニークなデザインは、新しいものと
新鮮な血の新しいアイデア
そしてそれが起こった私はそれを提示しました
そして私が卒業したときの論文と
現時点では、ibnはその紙を考えていました
とても面白かった
だから私は約4年として精査されています
そして試験とテストそして最後に
私の提案はロッキードに受け入れられました
マーティン
それから私がf35デザインに参加した方法
ええと、私たちはあなたのバイオについても話しました
ええと、私はいくつかをカバーしたことを知っています
あなたが書いた本私は行きませんでした
タイトルの詳細に
具体的にはしかしただしたかった
ハイライト
私たちの視聴者のためにあなたはどのように私たちに教えてください
会社の最高経営責任者になり、どのように
あなたはしましたか
とジェイソンが集まる
ええと、2010年に戻る
ええと元インテルセオ
それは日本の日本のインテルです
彼は私を彼に紹介し、
彼は私をロバート・トランプに招待してくれました
だから私はコンピューターの専門家ではなかった
しかし、ええと彼
彼の発明カムは
日本の原子炉を助ける
プログラム
だからこの会社に入社することにしました
ええと、私は今日私たちが見ていることを知っています
具体的には何が起こっているのか
中国、特に背骨は
ええと、多くの技術で行われています
私たちの技術が盗まれている私は私たちがいることを知っています
あなたがしているもののいくつかをカバーするつもりです
ジェイソンに対処しなければならなかったそして
彼らがしたことになると露出する
あなたが持っていたあなたの特許で
実際にまとめて、
f-35
そして私たちがそこに行く前に私はそのmaを知っています
またそれ
バイデン大統領は会った
日本の首相私はそれを知っています
プッシュがありました
日本が助けることができるようにいくらか
それがなると中国
日本が持っている技術のいくつか
は世界です
有名で、いくつかあることを知っています
あなたは様々なから躊躇を知っています
別のええと
なぜ多分それらの世界的な競争相手
手順を実行しないでください
ええと、それで私は私たちができると思います

最初にジェイソンから始めましょう
ええと、ええと、何について少し教えてください
あなたがするかもしれない懸念のいくつかです
あなたが取り組んでいるという事実を与えました
f-35と
ここにスライドがいくつかあると思います
とにかく通して
そういうことで視聴者に理解してもらう
その中国は間違いなくしようとしている
その拡張
盗むことになるとフットプリント
最もよく知られている知的財産
そして、いくつかの影響は何ですか
特にそれに関しては
米国の戦略のための重要な要件
私たちが使用する防衛システム
f-35
これは中国が学んだ既知の事実です
すべて
f-35私たちの政府は認めています
そして中国はのすべての詳細をスキャンしました
彼らの
地上の脂肪のデザインですが、ごくわずかです

理解し、中国はf-35を取得しました
テクノロジーそのものだけではありません
しかし実際には中国は変わった
または彼らの空軍を変更しました
ロシアのシステムからアメリカへ
システム
これは非常に大胆な動きですが、そうではありません
簡単な作業
特にf-35は非常に異なります
従来のジェット機よりも
戦闘機
そして私が最初に言及したのは
スマートヘルメットによって制御
すべてがパイロットによって制御されます
それは非常に高度な3Dテクノロジーを持っています
ホログラフィック技術とシス
技術
それは前にそしてのために決して起こらなかった
取り入れるべき中国
この新しいタイプのデザインは簡単ではありません
仕事
航空機そのものだけでなく、
すべての軍隊システムは
すべてのサプライチェーンをすべて変更しました
変更する必要があります
それとf35によると
最初の戦闘システムです
ジェントリフィケーションアシスタント
それに統合された光学設計
だからそれはシステムであり、
電子部分と光学
一緒に部分
これはオープンナレッジチャイナです
正常に
すべての認定技術を取得
たくさんの報告があります
それについてですが、ほとんどの人はそれが
とスパイを通過しました
スパイまたは電子を通過する
ハッキングですがそれだけではありません
中国の主張とその偽造f-35
usf35に匹敵するだけではありません
しかし、さらに良く、それはそうではないことを意味します
テクノロジー自体
また、その背後にあるシステムとその方法
人々はそれを飛ばします
人々がそれをどのように制御し、どのように
宇宙での操縦
を超えたより良い計画を立てる方法
ただ
正義のデザインファイルのソースコード
それ自体中国は実証しました
そしてそれらのパネルとそれらのスマートヘルメット
レーダーシステムさえ
それらはすべてf35と同じですそれはではありません
簡単なイベント
しかし、それらの話はによって抑制されています
最も
人々と台湾からそしてから
別の場所
広がるのはとても難しいので
注意深く見るとたくさんあります
同一
デザインとチャイナジェットとの間
dj-31
とf-35とこれが盗まれました
そして何年もの間、これは非常に非常に
典型的な
一部と非常に難しい部分
理解する人
だから、ファーウェイが
それらの中で非常に重要な位置
キーのために扱う技術
私が言及したテクノロジー
ファーウェイは中国で唯一の会社です
または世界でさえそれを行うことができます
とハワイアンとf-35
とても遠いように聞こえますが、私は
米国政府への最初の1つの報告
力について2002年に戻る
の関与
f-35とhuaweiはスマートに通過しました
台湾

そしてほとんどの人は台湾がライバルだと思います
中国へ
だから米国とほとんどの企業は米国
政治家
それは最後から降りました
一度だけですが、これを見れば
ここの図
ここにあなたがhuaweiを実現する地図です
リーダーとキーパーソン
提出された人のための町の1つ
彼らが共有している産業
同じ家系図なので、そこに言います
家族のみの家族です
だから彼らは実際には同じ家族であり
だから彼らはただ
これは典型的な共産主義のプロパガンダです
彼らは2つのフラグを実行しています1つは
共産党
1つは台湾人で、反対のように見えます
中国
イベントは中国の侵略を防ぎ、
彼らは心配そうにすべてを手に入れたい
技術
そして米国から身を守る
中国
攻撃性ですが、実際にはこれがたくさんあります
技術は通過しました
中国だから今日まで今アメリカ
政府はついに特に実現しました
自動車自動車の後
自動車チップ不足
彼らはそれらの台湾企業に気づきました
サプライチェーンが必要
まだ台湾によって管理されておらず、
中国商務長官
これは米国になりつつあると述べた
全国
危機なので、これは何を持っているかについてです
起こりました
私のf-35ケースに
そして、あなたに戻って、それはそうですそうです
あなたが指摘しているようにそれはええと
家族関係がたくさんあります
そこ
ええと、私は私たちが競争していることを知っています
時々そこにある会社
互いに競争しますが、多くの
人々は彼らが実際にいることを知りません
に結びついている家族関係を持っている
共産主義者
中国共産党とそれはどこですか
問題は
私の懸念はそれが起こっているときに何が起こっているかです
に来る
台湾は具体的にそれが可能です
あなたが言っているように裏口があります
それ
私たちが信じるものは何でも
私たちの同盟国を移動することは戻る可能性があります
まだ終わっている台湾を通るドア
ccpスタンドで
それはほとんどの米国で非常に重要なことです
人々は理解していません
中国または中国での会社の定義
台湾
ここ台湾とは大きく違う
会社は以上のものです
組織のように非常に
洗練された組織
彼らは彼らが持っている別の会社です
後ろで働く人々
そうそしてそれらの写真が示したようにそして
偶数の米国政府が送った
助けを求める台湾への手紙

f-35不足ですが、残念ながら
それらの問題は簡単には解決されません
重要なポイントは
私はここの政治家が
ここの政府
そしてここで最も多くの会社も
商務長官として彼女は
言及された
そして私たちの会社はカウンターを持っている必要があります
知性能力
残念ながら、それは手順と
台湾の中国のそれらの会社彼らは
やっている
組織として、それが方法です
米国の会社はしなければなりません
今日は今見て私はそれだと思う
いくつかのものはあなたが知らない
彼らが言うようにロケット科学私はそれが
あなたがそれを知っていれば非常に簡単です
ええと制御されている会社があります
中国共産党と
どちらかを運営しているb社
台湾の
米国の他の場所とあなたは
リーダーシップ
関連するb社の
の家族のメンバーに賢明な家族
ええと共産党
あなたは会社を担当していることを知っています
する必要があります
簡単です私は少しです
スライドがあるので驚いた
少し分解できたら
このスライドをかじると、多分これは
もう少し
私たちのええと私たちの視聴者への感覚
家族が実際にどのようにすべてであるかについて
これらの会社に結びついている
あなたが焦点を合わせることができればこの1つのスライドだけ
私たちジェイソンのためにこれについて少し
多分これはいくつかのことを定義します
私たちの聴衆
確かにそしてあなたはそれらを見ることができます
から来る組織
そして家族は人々が戻ってきます
第一次世界大戦
iiとjoanlaiはの創設者です
共産主義者の創設者の一人
パーティー
また、期間は非常にです
重要
そして組織のリーダーとほとんど
中国人は再び女王を呼びました
共産主義者の理由に反して緑
党は国民党との戦争に勝った
第二次世界大戦後、
実際に
たくさんの物語がたくさんあります
背後にある関係
あの二人だから見せましょう
洗練された
そして中国の組織について
会社のようなもの
あなたが台湾の会社に言及したように
中国の会社
しかし常に例えば人々は輸出します
huawei私は尋ねます
何千何千ものhuaweiがあります
数千の企業
極西ニアンの下で登録されているので
人々が気付くのは非常に難しい
どのファーウェイですか
そしてまたそして常に台湾の中国語
やりたいのは例えば
大企業を抱える会社
cを保持している大企業
会社を持ち株会社c社
サークルになる
ですから、3人の所有者は誰ですか
トレースバック
誰が誰で、何がそのように直面しているのか
共産主義の侵略との戦い
私たちがしなければならない唯一の解決策があります
それらの会社を実現する
彼らはそうではない組織です
企業
人々がまだpsmcをただ
半導体製造会社
彼らは完全に間違っています彼らはしません
洗練されたものを理解する
私の場合はその背後にあり、2000年に戻っています
ほぼ21年前の2000年
同じことが起こった
私は
私たちが作ったf-35チップのリードデザイナー
チップ
幸運なマーティンのために私たちは心配そうに
心配そうにチップを入手したい
ksmcとしかし
私たちはそれを得ることができませんtsmcこの技術
問題
多分人々はただ理解しているそしてええと何
しますか
tsmcの役割それは私が例を作って
それはただ
本やビジネスのように

私は作家がいくつかの本を作成し、
tsmcはただの印刷所
tsmcに実際に尋ねると、
本を印刷してチップを印刷する
そしてtsmcはあなたの本をごめんなさいと言うでしょう
とてもひどく書かれています
私はそれを印刷することはできませんそれは常にtsmcです
同じ例を使用する理由
と同じスキルとf-35のために
プログラムを妨害したい
中国が米国に追いつくことを可能にするために
f-35開発
そしてそれは今日の同じことですtsmc
自動車について話す
ほぼ同じチップ不足
タイムラインを見ればそういうこと
慎重に
tsmcからチップを入手できません
それは私たちに約5年の遅れを要しました
f-35
プログラムが、tsmcは私たちを獲得しました
知識
実際に私たちのf-35デザインについて
直接的または間接的にそれは助けました
中国
彼らの偽造品f-35をj-20にする
とj-31日
ほぼ同時に利用可能
f-35
それは驚くべきことです。
持っている
システムビルドアップf-35ですが、中国は
異なる
彼らは作成する必要があるだけではありません
偽造f-35も
彼らの空軍を再発明する必要がある
米国空軍システムと一致するように
そうそして中国j-30h-31と
j20
usf認定からわずか2年遅れ
スケジュール
だから私たちがたくさん考えたと想像してみてください
浸透
多くのバックドアなしでどのように可能か
中国はそれらを作ることができます
とても速く起こっている
あなたが盗むことができるときそれは非常に簡単です
情報と基本的にそれをバイパスします
あなたはあなたが持っていないことから行くことを知っています
持つことについての能力またはアイデア
私たちがf35と
突然
マニュアルはもう準備ができています
あなたのインフラがなくても
それのために設定します
そしてその中国が実際にどのように見えるかを知る
運用情報からそれで
コミットする前に処理する
企業またはそのええと構造さえ
この政府内でできるように
彼らができるようにするために何をする必要があるかを見てください
これでその最終目標に到達します
ケースは
あなたはグローバルでより強力であることを知っています
アメリカ合衆国の駅はええと
複数の大陸ではできません
これらのものを製造するだけです
魔法の外ですが、残念ながら
どんな理由でも
私たちの知性のようです
機能はありません
これらのものを見るか、強調しない
それと1つの事実を助けません
あなたが持っていたスライドの
ええと走った個人もいます
おそらく大統領になる
アメリカ
それはどういうわけか直接または
間接的に
これらの企業とどのように結びついているのか
企業はできる
米国の政治的意思決定に影響を与える
そしてそれが私たちのアプローチになるとええと
特にそれが
に来る
f-35デザインumma私はあなたに行きたいです
ええと、これについても少し
私はあなたが見たことを知っていることを知っています
それから
基本的に私が言ったように中国は何をしているのか
盗むことでバイオで
知的財産を知っている日本人
あまりにも
彼らが盗むのは私たちだけではありません
から
彼らができるのはどこですか
影響
日本は多分政治レベルでも
そして私たちがする必要があるいくつかのことは何ですか
少なくともええと
ええと
ええと、確かにそうだと思います
そして私たちは彼女を失ったのか
私たちは彼女の音声を失います
少しはいはいそしてそれはあなたを意味します
かなり速いかもしれません
ジェイソン私はあなたがいるので私は先に行きます
彼女の隣に座って
ええと
ええと、私がやろうとしていたことを彼女に説明してください
大丈夫尋ねる
そして最初に私は彼女に話をしたい
なぜなら
私はその人であり、彼女を
それらの犠牲者
私でさえひどい国際犯罪
事前に彼女が欲しい
しかし、彼らは決して気付かないはずです
本当に起こっているそれは本当に本当に
それはそれを超えているひどい経験です
世界は説明することができます
だから彼女は思ったそして私はみんなだと思う
思うだろう
日本それは私たちの同盟国である国です
それは民主主義の国であり、
彼女は準備ができていない彼女は準備ができていない
なぜなら
日本で起こったことは何でも私達はしなかった
気付く
実際、それは他のどこよりも悪いです
中国は注意を払っていると聞きました
オーストラリアからニュージーランドへ
および他のヨーロッパヨーロッパ諸国が
しかし、ほとんど報告はありません
日本の問題について
そしていつも私は疑問に思っていますそして
日本政府
中国の同盟国または共産主義者の一部です
パーティー
これは本当にそして私たちが持っているものです
経験豊富
それが起こったことです
彼女
そしてそれは苦しんでいるので彼女は
たった一人が一生懸命戦う
非常に多くの批判的な日本
テクノロジー
そして、そして中国は持っていることを切望している
しかし、中国は間違いなくそれを持つことはできません
日本人だから
あなたは彼らが見ない世論調査を見るだけです
中国語のように
残念ながら、それは偏見ではありませんが
ただ
中国との間の長い歴史
japan but and japan
その前に台湾を支配し、日本人
彼らは台湾にとても近いです
だからそれはバナーではなく共産主義者です
パーティーはこれがとても良いことを知っています
機会
だから彼らは台湾を使って侵入します
日本
だから台湾を攻撃しようとした人は誰でも彼らは
ああ、あなたはあなたが試した中国のスパイだと言うでしょう
解散する
と台湾と日本人
同盟関係
共産党を助けるために
移行時間は実際には
そうではない
だから彼女は一人で戦っています
ひどく
そして、あなたはここで米国で想像することができます
そして人々は半導体について話します
不足と古い問題について話します
について話すことができます
公然と多くの問題があります
それでも私たちは率直に話すことができますが
日本
台湾について否定的なことはすべて
完全検閲完全検閲
残念ながらmoyだけが
声だけ
日本では今、ちょっと待って話してください
と担当者
台湾の半導体産業
彼らはの創設者と家族です
共産党
彼らはとても近くにあり、彼らは
元の台湾人ではありません
そして彼らは実際に彼らはで育ちませんでした
台湾
そしてそれらの人々でさえ彼らが持っている
パーティービルメモリホールがやってくる
彼らの業績
台湾を使ってタオマンを使って
半導体ストリング
日本に浸透するがそれは
現実が起こっている
それはかなり言われ、彼女は一生懸命戦っています
そして彼女は一人で戦っています
日本政府だが政府
政府の人々は真剣に
私の話を聞いてください
彼らは私がただ私が欲しいと言っても

私の名前を売りたいだけ
彼らが考えるように一般に
私はただのジャーナリストです
有名になりたい人
そしてまた私は公開しようとしています
インターネットを介したそれらのスパイ事件
それから警察は私に電話して私を拘束します
警察署で5時間
水なしで
持参できませんでした
私のアトニー私はとても驚きました
ええ、私はあなたが
あなたがあなたを知っているのは残念です
あなたの日記は
聞いたが、私たちは時間通りに生きている
それは世界中に関係なく非常に
難しい
ええと、中国の情報運用は非常に
広範で私は
彼らは多くの効果を持っていることを知っています
日本でもそうだと思います
マオあなたが彼を見ることができれば私は彼が持っていると思います
私が我慢するつもりのスライドのカップル
ええと、多分あなたはそれらについて話すことができます
あなたは今私を聞くことができます
私たちの技術を取り入れたパズル
彼の名前は
真ん中の人は中国人です
しかし、彼は日本のアイデンティティを取りました
彼は日本のアイデンティティを見ました
彼が日本のアイデンティティをどのように取ったか
それは非常に非常に非常に私が言うことができます
奇妙な人
日本人黄色日本人
中国で亡くなった人は、uefa氏に会います
彼が主張したusukoの父
彼は日本人の息子です
日本人に手紙を送る
政府
日本人を取得します
それからusuは彼が
武器
その後、彼を取得します
私が報告した日本のシステム
日本政府にしかし
彼らはただ隠して言ってみました
彼は少し日本人です
だから私は彼が実際に隠したことに非常に驚いた
どのように私が言うことができるの参謀長
日本の国会議員と
彼はと良い関係を持っています
政府のそれらの政治家が
彼の父はblaで働いています
そしてまた私
彼の本当のアイデンティティを明らかにする
インターネット経由だが台湾の新しいショー
私はうそつきだと言って私は
そうですこれ
私はmrfではありません
嘘をついている私は嘘をついている
私は詐欺ですニューステレビ番組は言った
そのニューステレビ番組は非常に近いです
中華料理
台湾は大統領です
だから政府の台湾の両方
日本両政府
このスパイ事件を隠そうとしている
ええとええと私はスライドで私たちのように思います
視聴者はあなたが彼を持っていたことを知っている
mrfとして
理由の一部はそうあるからです
多くのええと能力
影響を与える中国の情報操作
私たちがどのように提示するかさえ
ここでの情報理由mrf
ここで使用されているのは、彼の名前が
どこでも言及
それがユーチューブであろうとフェイスブックであろうと
それは完全に検閲されています
だからあなたは彼をmrfと呼ぶのです
彼の名前全体をそこに出すよりも
残念です
ええと、人々はただ持っていたくない
そこにある情報とそれについて議論する
ええと、でもあなたはここでジャーナリストを知っています
過去に持っている
米国では、ネットワークが公開されています
に有益ではなかった
政府も
多くの監視下にありましたが、ええと
私はあなたが言っていることからええと思います
そして
あなたが私たちに示していることからそれは
あなたが求めているのは日本人のためだけです
この中の政府または米国
場合
これらのリンク分析を調べて
検証および妥当性確認
情報が出ていないのは
正しいかどうか
それはただのニュースではないはずです
あるネットワーク
あなたが出しているものと戦う
そこに彼らは実際にサポートする必要があります
それ
それはのプロセスに入る必要があります
政府
私は日本が少しであることを知っています
はるかに
難しいパラメータ
どのくらい
州の装置は関与することができます
民間企業
そして私は時々あなたが彼らを知っていることを知っています
じょうごでの作業の種類
と少し違う
ええと、あなたはここで団結して活動していますか
状態ですが、それでも
ときにumの主な停止であってはなりません
それは
少なくともフォロースルーして確認しようとしています
情報かどうか
あなたとジェイソンが共有しているのは本当かどうか
そして、あなたはこれのほとんどが本当に親切であることがわかります
オープンソースの実際には何もありません
こっちで
私たちが話していることはそうではないかもしれません
ただの人によって発見されました
簡単に尋ねた
会社の最高経営責任者である質問
b社のCEOは誰ですか
家族の絆は何ですか
ただあるべきそれらの会社
非常に簡単、考える必要のない
ジェイソンなぜそんなに難しいと思いますか
なぜそれはなぜですか
のために非常に多くの困難があります
アメリカ合衆国はどうなるでしょう、そして私はします
あなたが持っていることを知っている
部門にあなたの声明を与えた
少なくともここでは正義の
これらの問題について米国でなぜ
とても難しいと思いますか
政府のシステムが
少なくとも追求する
このテクノロジーがどのようになっているのかを見てください
盗まれた
そしてなぜそれが盗まれているのか私は思う
基本的な問題に来るのはお金です
台湾が使うので
シンクタンクに数百万ドル
ワシントンDCでの寄付
そしてそれらのシンクタンクは実際には
助ける
中国と真実を隠すために常に与える
別の方向
問題の他の問題の
例私たちはtsmcを暖めようとします
彼らは常に可聴ビールを制御します
業界
moyeでさえ記事について書いた
昨年の警告
自動車産業は下にあるかもしれません
csmc
そしてこの制限では誰も
問題が発生するまでそれを世話します
起こりました
今商務長官はこれを言います
米国国民です
危機なのでマウイが持っているものを見てください
言及された
ストーリーには最初に2つの問題があります
彼女がスパイネットワークを開示したとき
彼女が持っている間はそうではありません
日本人による警察の支援
政府ですが実際には
彼女は封じ込められており、
彼女からのギャグ注文
彼女はそれらの中国の背骨について話すことはできません
日本のネットワーク
それは信じられないことですが、別のこと
視聴者がそう思うことができるといいのですが
ではありません
台湾については何もしませんこれは約です
中国のスパイネットワーク
日本では、台湾はメディアが必要です
マウイは中国のスパイだと言うために出てきます
マウイ島についての台湾メディアの話は
台湾の敵
台湾のメディアが語る
通信網
ミスターウントは悪名高い彼女だけです
をしたい
ファンを作るインターネットで名前を付ける
そして
それがどれほど可能かを考えてください
例えば
そして私たちはロシアのスパイを捕まえます
突然、米国政府が出てきた
それはロシアのスパイではないと言った
これはとても良い人ですが
私たちはそのロシアのスパイを開示します
間違いなくええと
誰かが問題を抱えている誰かが詐欺を持っている
それはほぼ同じことです
だからそれが最高の最も素晴らしい部分です
洗練された
人を作るのを非常に難しくします
気がついて
ええと、そうだと思います
重要な私は数えました
私は話をし、人々に
何が起こったのか理解する
本当に信じられないほどです
よくジェイソン私は私が思うに見える
残念ですが、ことわざがあります
ワシントンDCで
お金はbs散歩を話しますそしてそれはただです
何の現実
ワシントンはどのように運営されていますか
一日の終わりの腐敗は何ですか
本当に多くの問題を引き起こし、
私たちが抱えている問題、そして時々私は思う
何が起こるか
何に応じた政府システム
代理店は
残念ながら彼らが出てきて言うなら
それ
私たちは中国がやっていることを知っていました
中国共産党はこれらをやっていた
物事
何年もの間、人々は最初に
質問するのはよく、なぜあなたは
今、そしてなぜあなたはしなかったのかを教えてください
それらの年のそれについての何か
そして時々残念ながら
官僚は自己防衛しようとします
自分自身
その過程で彼らは
実際にもっとダメージを与える
彼らがいる国だけでなく
代表するだけでなく
長期的には自分自身を失います
信頼
それらかどうかにかかわらず人々に
政府システムは有能です
彼らがしなければならないことをすることの
一日の終わりに私たちができる唯一のこと
あなたがいるなら、ちょっと見て、よく言ってください
あなたの仕事をしていないなら、あなたも
無能またはあなたが腐敗している
残念ながらそれは時々のようなものです
2つの組み合わせ
それは私たちがいるポイントに私たちを連れて行きます
今日の現実はええと
複数の情報源を見てきました
を示す
f-35とその技術が盗まれました
あなたがいくつかのええと持っていることを知っています
ジェイソンに取り組んだ特許
あなたが実際に設計したのはそれらです
現在あなたが管理している特許または
それらの特許も
起こったことの一部
f35で
たぶん私はに来ると思います
本当にある知的財産
洗練された間違いなく私はまだ所有しています
いくつかのパターン
もう1つは企業秘密です
そしてそれらの企業秘密はまだ
特許取得済み
営業秘密として残っている限り
通常と
私はまだそれらの知識人を保持しています
それが保持していない財産権
私自身
しかし、それは会社の所有物の下にあるので
そして
それらの企業秘密は間違いなく与えることができます
位置
最も興味深い部分と
あなたはf-35の飛行の設計を知っています
敵システムを制御する
それはほぼ四半世紀前です
実は25年前
そして私は若くてみんなのようでした
彼らは若いときにやっていて
私たちは間違いを犯します
だから私はそれらのデザインにいくつかの間違いをしました
皮肉なことに
私がニュースを見たとき中国のニュース
プロパガンダの話
j-20とj-31の素晴らしさ
2014年に戻って私は気づきました
彼らは私が戻ったのと同じ間違いをしました

1996.だから、で証明するのはとても簡単です
裁判所
私がこの間違いを犯した場合、私は私が意味することを示すことができます
この日付
1996年に戻ってあなたは同じことをしました
間違い
たとえばあなたが誰かをコピーするように
他の人の執筆
そして人々はあなたのつづりを間違えます
同じランを構築しました
1回だけでなく2回と3回
絶対に
すべての裁判所は簡単に理解します
これは盗みなので、私の場合はそうではありません
のみ
私はまだそれらの企業秘密を保持しています
しかし、私もできます
法廷で簡単に証明する
中国は私がしたのと同じ間違いを犯します
25年前に戻る
だから私はその人がすべきだと証明することができます
所有する
結果として、それらの企業秘密はそれを秘密にします
私が秘密を説明するだけなら
そしてそれらの企業秘密のほとんどは
今はhuaweiの下で開催されています
ファーウェイは私たちの数十億を集めています
ドル
彼らが適用した特許の世界
営業秘密に基づく
私は開発したので、私は米国の裁判所を信じています
システム
私が反撃できるチャンスがあるはずです
いう
それらの特許は戻ってくるべきではありません
そして米国が米国のために所有するために
所有する会社
それが理由で米国市民が所有するために
から盗む
私たちだから私はもう一つのことをしたい
政府が話していたよりも
政府はちょうど話しました
私たちは米国が
中国が米国の技術を盗むが、私は
もう一つやりたい
したいだけでなく、主張したい
防ぐ
中国も米国の技術を盗む
米国の法制度を利用できます
何でも返済するために彼らに支払うようにさせる
彼らがお金に利益をもたらす
米国企業から違法に入手した
彼らは返済しなければなりません
だから私は私がで示す機会があることを願っています
法廷だが残念ながら
そして多分私達はで話すことができます
未来
あなたはその考えが今であっても想像することはできません
ようこそ
ワシントンの多くの多くの政治家に
dcもそうではありません
多くの人を歓迎します
簡単にお金を稼ぎたい
ビジネス
中国共産党と一緒に
リスクが高すぎると思う
したがって、私は信じています
おそらく意識はへの唯一の方法です
それらを持っている
それらと物事の可能性
前進することを望んで
いいえ私はあなたに同意します私はあなたが知っていると思います
ほとんどの政治家は一歩を踏み出さないでしょう
彼らはいつも心配しているので前進
あなたは次の選挙について知っています
そして、ええと、彼らは彼らの危険を冒すつもりはありません
キャリアとおそらくええと持っている
他を通じた中国共産党
ビジネス接続
に数百万ドルを注ぎます
対戦相手の会議
彼らに立ち向かうために彼らは
リスク回避的ですが、私はええとすべてだと思います
あなたがここにレイアウトしたこと
ええと、おそらくええと通すことができます
特定の
国務省の両方のチャネル
そしてまたで
キャピトルヒルで
少なくとも研究情報を持っている
それを使用してはるかに良くすることができるように
ポリシーとおそらく変更
あなたのような人が
持ってる
知的財産あなたが何か
テーブルの上に置いただけではありません
盗まれた
率直に言って、あなたはその事実を知っています
中国は非常に無能なので、
彼らはあなたの技術を盗みますが
あるとは言えない
はいあなたが持っていたと言った設計上の欠陥
あなたが若い頃にいくつかの間違いをしました
実際にそれを彼らの
洗練されたええと
あなたが知っている兵器システム多分ええと
あなたはええと、いくつかの設計上の欠陥を置くべきです
そして、
中国人はそれを盗んで彼らのためにそれを使う
設計技術とそのミサイル
テクノロジー
ええと、彼らにそれに対処しなければならないように
長い目で見れば
ええと、でもそれでええと、それは良いことです
ジャーナリストモールがあることを確認してください
あなたは私たちと同じようにヨーマンの仕事をしています
私たちの中で言うだろう
エンジニアとしてジェイソンと彼のサポート
尽力
ええと、人々がもっと読みたいのなら
あなたの仕事は彼らがどこに行くことができますか
詳細をご覧ください
今日共有したもののように
それは間違いなくそうです
たぶん彼女を助けてくれるのは間違いない
そして、ええと、私は
ええと、ええと、ウェブサイトがあると思います
そして、ええと、彼女は、これは本当に見つかりました
彼女の心
彼女は国がもう私のではないと言っています
自分の
私は人々がそれを読むべきだと思います
そしてええと、それを理解するので
そして私達が注意を払わなければ
最終的に彼らのアメリカは
同じ
今日の日本のような状況
今ここにqrコードがあると思います
私たちの視聴者にとって、彼らはそれがどのように機能するかを知っています
しかし、もしあなたが
あなたのええとカメラをそれに向けてくださいええとそれは行きます
あなたがいるサイトに直接あなたを連れて行くために
もう少し読むことができます
ええと、ええと、モールがこれまでやってきたことについて
しようとして
少なくとも真実を強調する
良いことは、私たちがこれらのタイプを持っているということです
新しいパラダイムのようなショーと私たち
持ってる
あなたはそこにある他のポッドキャストを知っています
ハイライトを開始します
これらのプロセスのいくつかは、中国人が
共産党はええと
ええと、特に
盗むことになる
本当にええと、私たちがしなければならないテクノロジー
ここで私たちの国を守り、日本のニーズ
その国を守るために
ええと、私たちはあなたたちを再び戻すつもりです
ええと、私たちはあなたをに戻すことができるといいのですが
未来
もう少し深くするつもりです
次回ダイビングする場合は、お返しします
それは大丈夫ジェイソンとママの詳細です
このプロセスがどのように進んでいるかについて
何が起こっているのか
多分私たちが言っていない重要なこと
少なくともどちらかといえば、それを強調することができます
私たちの知性装置のために
そこに気をつけているかもしれません
そして彼らを先に進めさせて
あなたたちに代わって戦いを戦う
そしてまた
他のすべてのアメリカ企業
そこには企業秘密があります
中国に盗まれた
よろしければまたお返しします
間違いなくそれは私たちの喜びです
チャンスがあることを光栄に思います
このショーに来るために
いいえ、それは私の喜びですありがとう
私たちと一緒に参加してくれてとてもありがとう
それは言った
これは新しいパラダイムです皆さんに感謝します
君は


コメント

タイトルとURLをコピーしました