ロシアの隕石、広島型原爆の20倍

【チェリャビンスク=共同】ロシア南部チェリャビンスク州に落下した隕石(いんせき)について、米航空宇宙局(NASA)は15日、大気圏突入前の重さは約7千トン、直径は約15メートルとの推計を発表した。1908年にシベリアに落下して森林をなぎ倒した隕石か彗星とみられる落下物以来の大きさで、直径は地球近くを日本時間16日未明に通過した小惑星「2012DA14」の3分の1だった。

チェリャビンスク州のまとめによると、割れた窓ガラスの破片などによる負傷者は16日までに約1200人となった。州警察当局者はタス通信に対し、州内の被害地域は10地区に上ったと説明。被害は州都チェリャビンスクを中心に半径約100キロに及ぶ広い範囲にわたったことになる。
================================================

隕石の破壊力って凄いですね。
ちょっとデカイだけで地球絶滅させるだけのパワーがあるんですもね。
宇宙に無数にある隕石の被害をそれほど受けない地球て凄いです。
今回の隕石も大気がないと直撃してどれだけの被害があった分からないですね。

下は隕石で出来た氷の穴らしいです。

96958A9C93819695E3E4E2E3E48DE3E4E2E0E0E2E3E19180E2E2E2E2-DSXBZO5178983016022013I00002-PB1-1


コメント

タイトルとURLをコピーしました